おかしな世の中

今年もあとひと月あまり今年も色々ありました。

政権交代 普天間問題 尖閣諸島問題に北朝鮮の暴発

景気は一向に出口も見えず、どれもこれも大きな問題ばかりだが、景気以外は実際に肌で感じた訳ではなく、実際私が感じた今年の重大事件はタバコの値上ではないだろうか?

私の周りでは、禁煙パイプだ禁煙パッチだと喫煙と禁煙を何度も何度も繰り返し、のたうちまわっている愛煙家の姿が取り巻いている。すれ違う人は、皆んなガムを咬み禁煙に苦慮してる。

現場の休憩時間では今まで見たことのない銘柄のエコーやわかばを目にすることが多くなり、中にはショートホープの箱にエコーを忍ばせる人まで・・・・

以前は会合や宴会でも何の抵抗も無くタバコを吸うことが出来た。勿論、喫煙者が多く攻勢であったからだ。今はどうだろう?

禁煙の会合や宴会が多いばかりか、もし吸えたとしても吸おうものなら あからさまに睨み、咳、しかめ面 喫煙所といえばニコチン臭い兎小屋 これも禁煙者の数が多く攻勢にでて来たのだ。

愛煙家の皆さんは本当に気の毒だ。身体に良くないことを知りながら高い高いタバコを購入し、国の為に税金を払っているのに、この待遇???

喫煙所はふかふかのソファに大型TV、コーヒー位は出すべきだといつも思う。

政権交代ならぬ喫煙交代がいつかまた来るのかと・・・

因みに私は、たまぁ~にイタズラ程度のプチ愛煙家かなぁ~

頑張れ!納税愛煙家‼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です