【プレーンシェードとシャープシェードのたたみあげ違い】

こちらは前幕にシャープシェード、後幕にプレーンシェードを配置してます。

よく見てみると、ふんわりとした感じとキッチリとした感じの違いがよくわかると思います。

生地を全部下ろした状態はどちらも ほぼ同様ですが、上げるとプレーンシェードはたたみ部分が手前にふんわり出て、シャープシェードは下面にでるようになってます。

 

<プレーンシェード>

 プレーンシェードは、生地の質感やデザインをそのまま楽しむことが出来、どんな窓にも合わせやすいです。

 

<シャープシェード (トリム付)>

シャープシェードはシェイパーバーというパイプが横方向に入っていて、昇降した際の折り目がシャープで綺麗に見えるようなってます。縦長窓や横長窓、小窓には合わせづらいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です